大連で、気づいてみれば、はや半年。


by pigrets2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2004年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日式蛋包飯

うちの隣になんとなくいいカンジの店がある。
カフェというのでもなく、レストランというのでもない、その中間くらいで、
西洋人もたまに見かける店なのだ。
おひるに、あんまり人が入ってないようなので、入ってみた。
日式蛋包飯(オムライス)と姜可楽(生姜コーラ)をたのんだ。
オムライスは、最近日本で流行ったフワフワ卵のオムライスでなく、
子供の頃に家で食べた、薄焼き卵でケチャップご飯をガシッと包んだ、あの味だった。
生姜コーラは・・・熱いコーラにすりおろした生姜が入っていた。
風邪に効きそうだ、と思った。
c0008896_14192067.jpg

[PR]
by pigrets2 | 2004-12-11 14:21 | りょうり

大公開!

c0008896_38857.jpg
これは、うちの玄関。
私より先に大連に来ていた夫は、
まだ私がこちらに来る前、ことあるごとに
「うちの玄関には、鯉の滝登りのガラスがはまっている。なんともいやだ。」
という話をずーっとしていたので、どんなものだろうと想像していた。
来てみて、ちょっとゲンナリした。
しかし、そうも言っていられないので、
「これを軸に、モダンチャイナな玄関を何とか作ろう!」
と思って、竹を置いてみたり、なんだかんだ今までがんばっているけど、
やっぱりこの鯉のおかげで、いまだにうちの玄関は
トラディショナルチャイナなかんじである。
[PR]
by pigrets2 | 2004-12-10 03:08 | そのた

クリスマスツリー

こっちに来てからアルバイトをはじめた。
なんと、日本語の先生。
素人同然、なんとも頼りない。
学生に引っ張られ、励まされ、なんとかかんとか滑り出した先生の道。
いつかは私がみんなを引っ張っていきたいぞ、と思う。

先日、学校に真っ白いクリスマスツリーが飾られた。
大連ではまだクリスマスは一般的ではない、と学生たちに聞いた。
白いツリーは珍しく、とてもきれいに見えた。
校長先生の発案で、ツリーの飾りひとつひとつに、学生の名前を書いたんだそうだ。
まだまだ若い、みんなの将来も、こんなふうにピカピカ光るといいなあ、と思った。c0008896_1341969.jpg
[PR]
by pigrets2 | 2004-12-09 01:35 | おしごと

なんじゃこりゃ?

何もなくてあったかい日、よく散歩をする。
なんにもない時だから、ものすごく歩く。
海岸に沿って1時間以上歩く。
そうすると、中国には面白いものがいっぱい見える。
たとえば、こんな建物。
どうも、子供のための施設らしいけど、
屋根の上に子供を抱いたおかあさんのでっかい像が鎮座している。
なんで・・・?なんでここまでする必要がある・・・?
そう思うけれど、中国人には絶対、そう作らなければならない彼らの理屈がある。
きっと、ものすごく単純な理屈が。

私はいろんなとき、中国人にそういう理屈をきかされることがある。
あまりに単純明快で「おお!」とひざを打ちたいときもある。
そうでないときもある。

それにしても、日本人では考えられないこのセンス。
いいにしろ、わるいにしろ、中国だなあ。
c0008896_131521.jpg

[PR]
by pigrets2 | 2004-12-08 01:31 | おでかけ
こっちに来る夫にくっついて、アカシアの街・大連に来て1ヶ月。
でも、これから冬に向かう大連は、木の葉も落ち、この前は初雪も。
来たばかりなので、毎日特別な用事もなし。
ボーっとすごしている私をみかねた中国人の友達に
「これ、やってみなよ」と言われ、言われるがままにチャレンジし始めたもの。
なんと、いまどき「クロスステッチ」
日本でも、流行った。見たことがある。でも、今じゃないぞ。
・・・と思いつつ、はじめてみたら、これが面白い。
「時間が空いたときにする」のではなく、
いつのまにか「時間を作ってする」になってる。
さて、このマイブーム、いつまで続くことやら・・・
そして、この先、このステッチは、どうなっていくのか・・・
乞うご期待!c0008896_23291548.jpg
[PR]
by pigrets2 | 2004-12-07 23:31 | ぬいもの