大連で、気づいてみれば、はや半年。


by pigrets2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

TINTIN

DVDの紹介ばかりで恐縮だが。
「TINTIN」というフランスのアニメーションがある。
日本では、絵本やアニメーションが見られるというより、
キャラクターとして人気がある。
先日、「TINTIN」のアニメーション全集を購入した。
見てみて驚いた。
あの可愛らしさからは想像できない内容なのだ。
c0008896_1518355.jpg
彼はフランスの記者。
様々な事件に遭遇しながらも、
命の危険を勇敢にも乗り越え、
悪人逮捕を手伝う。
麻薬あり、ピストルあり、クロロホルムあり、である。
フランスでは子供がこれを見るんだろうが、大丈夫なんだろうか?
男の子はTINTINみたいに勇敢に!という願いがあるのか。
それにしても、さすがフランス。
TINTINがカフェオレを飲んでいるカップは取っ手がなかったり、
すごくいい色だったりする。
彼の服も、すてき。
日本人が一朝一夕にはまねの出来ない、
フランス人のエスプリ、センスの良さはこういうところから
始まるんだろうなあ。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-31 15:22 | そのた

骨董品

残念ながら写真がない。
天津街に露天が出ていて、そこで骨董屋らしきものがある。
白い地に牡丹の模様の、上がすぼまった急須が目についた。
老板娘(ラオバンニアン・女店主)曰く、
「これは清朝の急須だ。」
あるわけがない。
北京の瑠璃廠にだってそうそうないのに。
私:「いくらだ?」
老板娘:「120元」
私:「高すぎだ。清朝のなんて、あるわけがない。」
老板娘:「いいや、本物だ。」
      ・
    (リピート3回)
      ・
老板娘:「なら、100元。」
私:「・・・いらない」(歩いて去る)
老板娘:(遠くから)「いくらならいいんだー・・・・」

他の店では、おんなじ様なものが
「ちょっと古い、でも、この形、あんまりないから80元」
といって売っていた。
その頃には、もう買う興味も失せていた。

中国では買い物も疲れる。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-28 00:49 | おでかけ

紅酒

夜、素敵な女性2人と一緒に「Le Cafe Igosso」という店に行った。
ここには中国には珍しく、ロゼワインがある。
日本人経営のおしゃれな店だ。

中国語でワインを「紅酒」という。
「葡萄酒」ともいうが、どうも、中国人は「赤」がしっくりくるみたいだ。
私の好きなドラマ「好想好想談恋愛」は、中国版「Sex and the city」で、
「チャイニーズハイパーロマンティック」といった感じだろうか。
c0008896_221537.jpg

4人の独身女性が繰り広げる恋愛模様、
とても(中国とは思えない)おしゃれな空間。
そして、彼女達はいつも「紅酒」を飲んでいる。
c0008896_222378.jpg
(4月号中国版「ELLE」より。)

夜、素敵なところに行ったのは、久々。
女性が女性らしくあるためには、
きれいなものとか、素敵な場所とか、おいしいお酒とか、必要。
肌もそうだけど、生活も、潤いがないとね。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-27 02:29 | おでかけ

私は歯並びが悪い。
c0008896_1245786.jpg
虫歯になりやすい。
中国に来る前、歯医者に行って治療とケアをした。
でも、一本だけ、触らない方がいい、という歯があった。
当時、特に痛くはないが、レントゲン写真によれば、
歯の根っこがどうにかなっているらしい。
微妙な、歯医者が嫌がる歯だ。
「歯磨きで、悪化を防げる」
という歯医者を信じて、
普通の歯ブラシの他にこんな歯ブラシ(→)も使い、
フロスも使い、がんばってきたが・・・
どうも、ごまかしてきた歯が痛くなってきた。
どこか、大連でいい歯医者を知っている方、
おしえて下さい・・・
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-21 12:09 | そのた

はる

大連にも春が近づいてきた。
なんとなく、暖かい。
気づくと、マンションの敷地の芝生部分が真っ黒になっている。
春節の残りの爆竹でもして、焦がしたのか?と思っていたが、
どうもちがう。
この前、管理のおじさんが3人がかりで
わざわざ燃しているのを見た。
春支度なんだ。
c0008896_12411932.jpg

もうすこししたら、この真っ黒い中から、
緑色のやわらかい葉っぱがでてくるんだろう。
楽しみ。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-17 12:44 | そのた

三寸金蓮

「三寸金蓮」とは、「纏足(てんそく)」のことである。
中国では昔、女性の足を折り曲げ、布で縛り、小さな足を作った。
小さければ小さいほどよく、玉の輿も夢ではない。
この、纏足にまつわる物語で、とても面白いものがある。
c0008896_17425917.jpg

時代は清朝末期から民国にかけて。
戈香蓮(かこうれん)という少女がその小さい足で成り上がり、
そして、悲しい運命をたどっていく物語、「三寸金蓮」。
馮驥才さんという作家が書いたもの。
中国では、写真や絵の入ったきれいな本が出版されていて、
見ているだけで飽きない。
c0008896_1744513.jpg

日本では「纏足」という訳書が出版されている。
私がつい最近読んだのは小学館文庫から出版されていた。
訳者は納村公子さん。
テンポがよく、とても読みやすく、面白い。
ちなみに納村公子さんは、中国関係の面白い本を続々翻訳していて、
「蛋白質ガール」なんかも最近翻訳出版している。
尊敬する訳者である。
c0008896_17452014.jpg

中国好きな方々、ぜひ一度読んでみて下さい。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-15 17:50 | そのた

「でんき」と「てんき」

今週初めから、「あいうえお」から日本語を始めるクラスの
会話の授業をもつことになった。
今日は2回目。発音の授業。

私:「でんき」
学生:「でんき」
私:「てんき」
学生:「てんき」
私:「“て”に点々(゛)があるとないと、意味がちがいますよ。」(BY中国語)

中国の学生は、「て」「で」、「か」「が」とか、
点々のついてるかついていないかが苦手。
単語になると、よく聞き取れないとため息をつく。

しょうがない。
私だって最初、中国語の栗と梨と李の区別がつかなかった。
(ちなみに、みんな「リー」という発音で、アクセントが違う。)
私も、みんなにわかりやすいようにがんばるから、
みんなもついてきてね。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-09 17:56 | おしごと

新しい携帯とイタ電

先日、新しい携帯を買った(左)。
中国の携帯電話は他の物価に比べて高い。
これで1200元(1万5千円くらい。)もする。
でも、中国人に言わせれば、これでも「安物!」ということになりかねない値段。
しかし、これは日本と通信のシステムが違うから仕方がない。
あと、「面子(メンツ)」の重さが違うし。
どうにしろ、以前のもの(右)よりは、数段性能がよくなった。
c0008896_13374584.jpg


喜んで持っていたら、昨日の夜中、いたずら電話がきた。
(もし、13674460972からかかってきたら要注意!)
電話をとると、機械音で「ツー」という。
もちろんこちらはイタ電とわかった時点で出ない。
それでも、何度も何度もかけてくる。
ホントに、30秒も間があかないくらい!

これと一緒にメールも来るのだが、
1通目「君はきれいで気前のいいお嬢さん?僕は吉林の男の子です。
   もし僕みたいな人でよかったら、お友達になりましょう。
   返事待ってます!」
2通目「君の声って、すごくきれい。君も絶対きれいだと思うよ。」
3通目「もし、電話に出ないんだったら、明日また電話する。」
・・・もう、3通目なんて脅迫めいている。
案の定、今日朝6:45、ヤツからの電話が鳴った。

中国では、まだこういうのが犯罪にはならないし、
こういう電話を拒否する功能は電話についていないみたいだ。
だから、こちらは電源を切って、相手が興味をなくすまで待つしかない。

腹が立ったし、正直、怖いと思った。
中国は、先進技術を導入するとき、
それを使うためのモラル、そして規制、法律等を
きちっと一緒に入れて欲しい。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-06 13:47 | そのた

大方(ダーファン)

以前、日本語をおしえていた中国人の女性が、
土曜日ということでお見舞いに来てくれた。
中国人はだいたい「大方(ダーファン)」=気前がいい。
お見舞いに、こんなに持ってきてくれた。
c0008896_16255481.jpg

お昼も、なぜかごちそうになってしまった。

日本人は、友人と食事をしたとき、やっぱり割り勘が多いと思う。
中国では、集まった中の誰か一人がその日の勘定をもつ。
そして、次は誰、次は誰・・・とまわしていく。
もちろん、習慣その他もろもろ、どちらがよいというわけではない。

私は、まだ中国人とのつきあいが浅い。
だから、この辺の微妙なタイミングとか、
そういうことが、まだ、いまいち分からない。

中国的なかっこよさ、日本人だって、カッコいいヤツはいるんだぞ、
と、思われるようなやり方を、つかみたいもんだ。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-05 16:28 | そのた

チャイニーズハーブティ

体を元気にしよう!を、自分自身への合言葉とし、
体にいいことをすることにした。
まずは、のどが痛くなってから毎日のように飲んでいる
チャイニーズハーブティ。
漢方の恵みだ。
といっても、薬ではない。
お湯を注いで、
ごくごく飲めばいい。c0008896_1738425.jpg

干した菊花、
甘草(カンゾウ)、
蓮の実、
サンザシ、
キキョウの根、
クチナシ、
板藍根、
氷砂糖

菊の花と氷砂糖はのどにいい。
その他のハーブも、体内の毒素を外に出す。
ちなみに、これ、商品名は「排毒養顔茶」。
もうちょっと、おしゃれっぽい名前にしたらどうかなあ・・・
[PR]
# by pigrets2 | 2005-03-04 17:43 | りょうり