大連で、気づいてみれば、はや半年。


by pigrets2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カネシロ

私は金城武のファンである。
c0008896_0443812.jpg

まだまだ彼が出始めの頃、
「キンジョウ・タケシ」と読んだりした知り合いもいた。
それはまだいい。
彼を韓国人の俳優と思って、「だれ?キム・シロタケ?」とか、
ふざけたことを言う人もいた。

私が金城好きになったのは、
「恋する惑星」だった。
そのあと、いろいろ見たが、
「アンナマデリーナ」も傑作と思う。
どちらも、香港の映画だ。
日本では結構「クールな男」という感じで、
金城は画面に出てくるが、
私が思うに、金城の一番いいところは、そんなところではない。
生まれや育ちが関係するのか分からないけど、
アウトサイダーというか、
どこにも属さない、属せない、
あの中途半端なところがいいのだ。
「恋する惑星」でも、「アンナマデリーナ」でも、
彼は決してヒーローではない。

最近、DVDで金城のドラマなんかを相当見ている。
それにあわせて、ホームページも見まくりだ。
これではもう、擬似ストーカーだ。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-30 00:48 | そのた

うに!

私が留学生時代(@中国)、よく聞き、よく言った言葉。
「中国に来ると女は太り、男は痩せる」
誰が言ったか分からないけれど、
「中国の“気”は女には合い、男には合わないから」
とかなんとか。
女性の、自分に対する言い訳ともとれなくはないが、
一理なくもない。
もちろん、太る男性もいるとは思うけど。
それほど、中国には美味しいものが多く、
そして食べることが唯一の楽しみとなる場合がある。
c0008896_23164763.jpg

私の家の近くに、海に面した海鮮料理屋があり、
生の牡蠣や雲丹をだす。
これを食べたら、太ってもいい!と思う。
先日遊びに来た友人も、
「中国に来ると女は太り・・・」
を、自ら体験できたことだろう。
ちなみに、写真の雲丹は、1個15元(230円くらい)。
中国、恐るべし。
そして、ブラボー!
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-27 23:19 | りょうり

ゴーリキー路

大連の街で、私の好きなところがある。
彼の地の文豪「ゴーリキー」という名前のついた道だ。
お客が来れば、なるべくそこを見せるようにしている。
レンガ作り、三角屋根、煙突のたつ古い家々が並ぶ通り。
人が住んでいるのかどうかもわからない。

夜、友人と3人でその界隈を歩いた。
細い裏路地へ入ったとたん、私達は別世界にトリップしたみたいだった。
夜空の高い高いところに月がかかり、路地裏を青黒く照らしている。
でも、私達が歩く道までは照らさず、足元は暗い。
いきなり、崩れかけた廃墟みたいな家の囲いから、
灰色っぽい綿入れを羽織ったおじさんの、白い目がこっちを見た。
私達も驚いたが、おじさんも驚いていた。
あんな時間に、こんなところを歩いている人間を警戒しているんだと思った。

時間とともに、こんな家並みはなくなってしまうんだろう。
残念だとも思う。
でも、それはそこに住んでいない者の勝手な感傷なんだろう。

そんな感傷と共に、それでもあんな風景を、仲のいい友人と見れたことは、
多分、ずっと忘れないと思う。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-24 16:36 | おでかけ

友達が来る

最近、お客づいている。
先日は北京の友人が来てくれたが、
今日は、日本から悪友と後輩が来る。
悪友は、美人だ。
モデルみたいだ。
でも、バカなこともよくする。
c0008896_139121.jpg
               (去年の「ダンスマン」にて。)

彼女達は、夕方には大連に到着するが、
きっと、彼女達の歩く一歩一歩から、
日本の風が巻き起こるだろう。
私は、それを楽しんで受け止めよう。
日本からはなれてまだ何ヶ月だけど、
私からだんだん「日本」が蒸発しているような気がするから。

楽しみ!
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-21 13:11 | おでかけ

キューティブロンド

今日は仕事があった日だけど、c0008896_0113334.jpg
急になくなった。
で、近くの友達の家に行って
遠慮もせずに
お茶と夕ごはんをご馳走になり、
帰ってから、この前買った
「キューティブロンド1.2」を見た。
日本にいたとき、
何度これを見たことか。
仕事に疲れたとき、
何か嫌なことがあって
自分に自信が持てなくなったとき、
元気がないとき。
主人公「エル」は、
私とは髪の毛の色も違うし、
スタイルだって、ものすごくいいけど、
でも、「なんだかうまくいかないことがある」ということは一緒。
見ていると、いつのまにか私が「エル」になっている。
エルの気持ちが上に上に向くと、私の気持ちも上を向く。
出会えてよかった。
キューティーブロンド。
・・・できれば、スタイルも、彼女のようになりたいかな。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-20 00:14 | そのた

今日は何の日?

今日は、1回目の結婚記念日なのだ。
c0008896_13382454.jpg

去年の今日、雪の降る中、結婚式を挙げた。
いろんなところから、友達が来て祝ってくれた。
あれから1年。
けんかはあまりしないけど、
なんだか長かった。
「他人」だった人と、毎日同じ家に住む。
自分のものさしだけでは測れないこともある。
日本にいたときは、夫婦というより、
同居している仲良し、という感じだった。
まわりもそう感じていたみたいだった。
大連に来る前、仕事場の先輩が、
「大連に行ったら、きっと、もっと夫婦らしくなるよ」
と言った。
夫婦らしいって、なんだろう?
次の1年、じっくりかんがえないと。
夫へ:次の1年も、どうぞよろしく。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-17 13:40 | そのた

トリップ!

遅ればせながら、この何日か、一気に読みあさっている。
「ハリーポッター」シリーズ。
映画は「ハリーポッターと賢者の石」だけ見た。
そのあとは見なかった。
「ロードオブザリング」の方にのめりこんだから。
でも、本を読んでみて、面白さがわかった。完敗。
今日も、飲みながらハリーの世界へトリップ!するぞ。
あー、夜だけ異様に幸せ。
c0008896_21524411.jpg

[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-13 21:55 | そのた

大連、何を見る?

友人が遊びに来てくれた。c0008896_3201575.jpg
現在、北京に、ご夫婦で留学中のツワモノだ。
中国のいろんなところを見ている。どうしよう?
考えた挙句、結局私の好きなところを見せた。
大連の路面電車。
ゴーリキー路の、三角屋根と煙突の家々。
旧ヤマトホテルとか、中山広場のちょっと昔の建物。
開発区の海。

でも、そんなことより、彼らは夜、星がよく見えるのと、
大連の人たちの穏やかなのと、
ごはんとおやつがおいしいことがよかったらしい。

もしかして、大連に引っ越してくる・・・・・
かもしれないかな?
来たらいいのにね。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-11 03:22 | おでかけ

またまた雪

しばらく更新していないうちに、また雪が降った。
今日になってもまだ溶けない。
c0008896_16371399.jpg

c0008896_16374764.jpg

どっちが、かわいい?
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-07 16:41 | おでかけ
1月2日、中国人の知り合いに連れられて、その人の親戚宅に行った。
大連からちょっと離れた農村だ。
あえて、中国語で農村(ノンツゥン)と読んでいただきたい。
現在の日本の農村(のうそん)とは違う世界なのだ。
高速道路を通って約1時間半、到着すると早速ブタがむかえてくれた。
c0008896_18155810.jpg

そして、そこの家のお母さんが、大きな炉と鍋を使って料理の準備をしてくれた。
c0008896_1816443.jpg

その家でとれた野菜、飼育した鳥・豚、卵などを使った豪勢な料理を、
何品も何品も作ってくれた。
c0008896_18172495.jpg


多分、日本人に接触するなんて、初めてだったんじゃないかと思う。
最初はおっかなびっくり、でも、帰るころには、「またおいで」と言ってくれた。
帰りの道はガタボコの一般道路を延々と3時間。
道路の悪さに腹がたったが、「ま、これが中国だよな」と、
穏やかに思える日だった。
[PR]
# by pigrets2 | 2005-01-03 18:18 | おでかけ