大連で、気づいてみれば、はや半年。


by pigrets2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

3月3日

なんと!
今日は桃の節句「ひなまつり」だ。
といって、特に何をするわけでもなく、
インターネットしていて、なんとなく思い出したものが
「悪魔(デイモス)の花嫁」。
プリンセスコミックより出ている少女マンガである。
(・・・といっても、小学校のときに読み漁ったというシロモノである。)
この漫画の中に、確か、「雛(ひいな)の埋葬」とかいうタイトルの一編があって、
虐げられている継子が、悪魔(デイモス)の力を借りて、
継母や継姉(というのかな?)をどんどんと消し去ってしまう、というもの。
その方法が、「流し雛」。
継母や継姉の似顔絵を書いて雛に見立て、河に流してしまう。
ひー、こわいよー。

実際、この「流し雛」、
多分、どこかの地方に、いまだあるんじゃないだろうか?

昔から続く風習って、ちょっと怖い面も絶対あると思う。
あんまり考えると、せっかくの3月3日が怖くなるので、ここまで。

ちなみに、今日は「耳の日」でもある。耳をお大事に。
[PR]
by pigrets2 | 2005-03-03 16:49 | そのた

癒者

点滴をし始めてはや6日目。
もう、だいぶよくなった。
医療で大切なことって、なんだろう。
もちろん、技術・設備・衛生・薬なんかはいうまでもない。
それともうひとつ、よく言われているけど、「心のケア」だよな、と思う。
ハリーポッターの魔法の世界では、
人を治す者を「医者」ではなく、「癒者」と呼ぶ。
私が今回通った小さい小さい診療所には、
茶色いパーマがかった髪の毛がフワフワと逆立ち、
説明するときの手の動きなんかが魔法使いみたいな女医さんがいる。
この人も、もう一人のお医者さん、看護婦さんも、
小さい診療所だからこそとは思うけど、
よく話を聞いて、適切な治療をしてくれた。
外国では、病気は、本当に心細い。
だから、何度行っても邪険にされない、「大丈夫か?」ときいてくれる、
「この薬はダメだから、こっちに変えよう」と、色々ちゃんと説明してくれる、
というのが、本当にありがたかった。
c0008896_17464786.jpg

ところで、中国では点滴は手の甲にする。
結構痛いんだよなー。
[PR]
by pigrets2 | 2005-03-01 18:17 | そのた